保険の相談

保険相談ができる窓口が全国的に増加しており、ショッピングセンターにも多数の窓口が出店するようになっています。家族で買い物をしているついでに保険相談ができるような環境が整っています。保険相談の窓口にはフィナンシャルプランナーの資格を持っている専門家がいますので、様々な相談に応じてもらえる態勢になっています。保険の営業は担当者の熱意によって成約していた時代がありましたが、今ではそのような事例は皆無になっています。契約者が保険の内容をしっかりと理解して契約するようになっていますので、義理や人情で契約するようなことはありません。多くの路面店の出店で保険業界は新たな時代に突入していると言われていいます。

個人情報を含めた情報管理について寛大であった時代には、保険会社の営業担当者が職場に入って自由に営業をしていました。しかし、今では受付の電話でのアポイントができるだけです。そのような職域営業の厳しい環境でも保険相談を地道に提案している営業担当者が少なくありません。企業との関係を維持しながら営業担当者の出入りを認めてもらえる企業は少なくないのです。保険の価値を理解するのは事故で保険金を受け取る時であって、契約者が加入していることのメリットを実感することは少ないです。それでも、多くの人が保険に加入しているのは万一に備えてのことであって、保険料を支払っても万一の場合に自分自身や家族を守りたいと考えているのです。